17 June, 2015

スマートバンド『TalkBand B2』とSIMロックフリースマートフォン 税別3万円以下のオクタコアモデル『HUAWEI P8lite』6月19日*より発売

華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、新たなラインアップとして、SIMロックフリースマートフォン『HUAWEI P8lite』と『HUAWEI P8max』、SIMロックフリータブレット『MediaPad M2 8.0』、スマートバンド『TalkBand B2』の4製品を投入し、ラインアップを拡大します。

ファーウェイが展開するスマートフォンの最新モデルである『HUAWEI P8lite』と、同シリーズのグローバルフラッグシップモデルとして4月にフランス・パリで発表された『HUAWEI P8max』は、世界30ヶ国以上で展開されています。どちらも、デザイン性とテクノロジーが融合した‘P’シリーズの最新機種として、ユニークなモードが揃うカメラ機能と、優れたサウンド技術をスタイリッシュでスリムなボディに搭載し、高いエンターテイメント性を有しています。

『HUAWEI P8lite』は、複数のタスクを同時に稼動させても、8つのコアでパワフルに処理する64ビット・オクタコアのCPUを搭載しながら、税別3万円以下と手にとりやすい価格に抑えられたミドルレンジのモデルです。『HUAWEI P8max』は、6.8インチの大画面と、1,300万画素のアウトカメラにおいて世界初(※1)となる4色画素(RGB+White)高感度・低ノイズイメージセンサー搭載により、スマートフォンの新たな楽しみを広げるプレミアムレンジのモデルです。

エンターテイメント性に優れたタブレット、‘M’シリーズの最新モデルである『MediaPad M2 8.0』は、デュアルスピーカーや進化したファーウェイ独自のサウンド技術に加え、圧縮により劣化した音楽信号を復元する、米国ハーマン社の「クラリファイ」を採用することで、「極上の音の世界」を提供します。

スマートバンド『TalkBand B2』は、プライベートやビジネスなどのシーンを問わずどちらでも使えるシンプルなデザインを採用し、6軸センサーによる、より精度の高いデータ記録ができるように進化したほか、米国ジョウボーン(Jawbone®)との提携により、データの分析だけでなく、目標にあわせて的確なアドバイスを提供する‘UP Smart Coach’での健康管理が可能になりました。また、bluetooth接続で、『HUAWEI P8lite』や『HUAWEI P8max』をはじめ、他のandroid OSやiOSのスマートフォンでも、気軽にハンズフリー通話ができるヘッドセット機能も搭載しています。

「ファーウェイは、今年6月でSIMフリー市場参入から1年を迎えます。これまで市場の急成長を背景に、製品カテゴリを拡大するとともに、幅広いニーズに応え、多彩な製品レンジを揃えました。2年目を迎える今期は、どんなシーンで撮影した写真でも、最も気に入った補正レベルで自分を演出できる‘パーフェクトセルフィー’機能を搭載した『HUAWEI P8lite』、『HUAWEI P8max』をはじめ、ファーウェイのグローバル市場での躍進をリードする最先端の4製品を投入することで、さらなる飛躍を図ります」と、デバイス プレジデント ゴ・ハは述べています。

*『HUAWEI P8lite』の本体カラー、ゴールドは7月中旬以降の発売予定

 

『HUAWEI P8lite』取扱店・取扱法人(五十音順)

・アイ・オー・データ機器

・アプライド

・イオンリテール

・e-TREND

・インターネットイニシアティブ

・エディオン

・NTT-X Store

・加賀ハイテック

・Caravan Yu

・シネックスインフォテック

・ZOA

・ソフトバンク コマース&サービス

・ダイワボウ情報システム

・DMM mobile

・ニフティ

・ノジマ

・ビックカメラ

・ムラウチドットコム

・ヤマダ電機(取扱予定)

・ヨドバシカメラ

・楽天モバイル

『TalkBand B2』取扱店・取扱法人(五十音順)

・アイ・オー・データ機器

・アプライド

・イオンリテール

・e-TREND

・エディオン(一部の店舗にて取扱い)

・NTT-X Store

・加賀ハイテック

・キタムラ

・Caravan Yu

・シネックスインフォテック

・ZOA

・ソフトバンク コマース&サービス

・ダイワボウ情報システム

・ドン・キホーテ(一部の店舗にて順次導入)

・ノジマ

・ビックカメラ

・ムラウチドットコム

・ヨドバシカメラ

『HUAWEI P8lite』

5インチHDディスプレイを搭載した『HUAWEI P8lite』のボディは、メタルサテン仕上げのミドルフレームと、背面に施されたヘアライン加工が、美しい立体感を演出します。さらに、コントラストの異なるカラーを重ねることで、約7.7mmのボディを、視覚的にさらにスリムに際立たせました。カラーラインナップは、ホワイト、ブラック、ゴールドの3色が揃います。また、基本機能には64ビット・オクタコアのCPUを搭載しており、複数のタスクを同時に稼動しても、パワフルに処理します。

カメラには、500万画素のインカメラと1300万画素のアウトカメラを搭載しています。画像編集機能には、ファーウェイ独自の‘イメージ・シャープニング・アルゴリズム’を採用しており、明るさに左右されず、高画質な写真に仕上げます。また、さらに進化したビューティーモードは、パーフェクトセルフィー設定により、持ち主の顔を認識し、事前に設定したレベルで自動補正するほか、写真に写りこむ持ち主以外の人物の顔も、標準美顔補正を行います。また、ビューティーモードの基本機能である10段階の補正は、動画撮影でも使用することが可能です。サウンド技術においては、アコースティックチャンバー構造のスピーカーが、低周波時の分散を抑えることで原音に忠実な音が再現されます。さらにファーウェイ独自のSmart PAシステム採用により、音楽再生や動画での音われやハウリングを防止し、高音質のオーディオを提供します。

『HUAWEI P8lite』の主な仕様

http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/tech-specs/p8lite-jp.htm

『HUAWEI P8max』

‘P8’シリーズのフラッグシップモデルとなる『HUAWEI P8max』は、6.8インチフルHD IPS-NEO™液晶搭載により、黒の質感を際立たせ、コントラスト豊かな色合いを再現します。最大限までベゼル幅を抑えることで、83%のの圧倒的な画面占有率を誇ります。画面は、‘スプリットスクリーン’により画面を2分割して利用することができ、一方のウインドウで動画視聴、もう一方の画面でインターネット検索など、2つのタスクを同時に再生し、大画面スマートフォンならではの、楽しみを新たに提案します。また、航空機用のアルミニウムから切り出されたシャンパンゴールドのボディは、94%がメタルで構成されており、切れ目のない、シームレスな背面デザインが特徴です。

基礎機能には、マルチタスクもサクサクと処理できる2.3GHz・64ビット・オクタコアCPUが内蔵されています。さらに、4,360mAhの大容量バッテリーとファーウェイ独自省電力技術の組み合わせにより、15時間以上のストリーミング動画視聴を可能にするほか、精巧に組み込まれた7層構造のコンポーネントが、放熱性を高め、長時間使用しても快適な使い心地を実現します。

インカメラには、広角500万画素のカメラを搭載。さらに、1,300万画素のアウトカメラは、同クラスのカメラとして世界初(※1)となる4色画素(RGB+White)高感度・低ノイズイメージセンサーと、強力な光学手振れ補正(OIS)を搭載しており、明るさを最大限に引き出した、色調豊かな写真が撮影できます。また、バルブ機能により、光の軌跡を捉えた写真が撮影できる‘ライトペインティング’モードは、撮影しながら、リアルタイムで仕上がりがチェックできるプレビュー小窓や、手動のシャッタースピード調整機能を兼ね備えています。さらに、‘ディレクター’モードを使用することで、他のスマートフォン3台と撮影グループを構成し、別のアングルに切り替えながら、動画撮影をすることで、編集作業なく大作動画が作れます。サウンドは、高性能モバイルスピーカーと、ファーウェイ独自のSmart PAシステムにより、音楽も音声チャットも、高品質かつ大音量で楽しめるほか、通信機能では、Wi-Fi規格“11ac”に対応しており、常に高速で安定したネットワークの接続性を実現します。

『HUAWEI P8max』の主な仕様

http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/tech-specs/p8max-jp.htm

『MediaPad M2 8.0』

『MediaPad M2 8.0』は、‘MediaPad’のラインアップにおいて、優れたエンターテイメント性を実現する‘M’シリーズの最新モデルです。フレームの90%以上を精巧に削りだされた金属で覆った、厚さわずか約7.8mmのフルメタルボディには、動画や写真を美しく再現する8インチのフルHD・ディスプレイが搭載されています。さらに、コントラスト比率1000:1、283PPIのIPSディスプレイは、色彩豊かな写真や動画、長時間活字を追う電子書籍、視認性が妨げられる強い太陽光の下などでも、シーンにあわせて色合いや明るさを自動で調整するので、常に最適な画面でコンテンツが楽しめます。

サウンドのチューニングを担当したのは、独自の音響技術と先進のデザイン性を兼ね備えた世界的なオーディオブランドである、米国ハーマン社のハーマンカードン。さらに、同社の「クラリファイ」テクノロジーによって、圧縮で失った音楽データを本来の美しさまで復元し、圧縮音源でもCDクオリティの音をお楽しみいただけます。また、厚みのある重低音を紡ぎだすファーウェイ独自のSmart PAシステム、180度に広がるステージで再生されたような迫力のサウンドを提供する進化したスーパーワイドサウンド(SWS 2.0)、スリムなボディに内蔵された高性能モバイルスピーカーと大音量を実現するデュアルスピーカーが相乗効果を生み出すことで「極上の音の世界」を提供します。

基本機能には、マルチタスクもサクサクと処理する64ビットのオクタコアCPUと、大容量の4800mAhバッテリーを搭載しています。通信機能では、Wi-Fi規格“11ac”に対応しており常に高速で安定したネットワークの接続性を実現します。

『MediaPad M2 8.0』の主な仕様

http://consumer.huawei.com/jp/tablets/tech-specs/mpm2l-jp.htm

『TalkBand B2』

昨年、ファーウェイ初のスマートバンドとして発売された『TalkBand B1』の後継機となる『TalkBand B2』は、フランスにあるパリ・デザイン研究センターでデザインされました。プライベートやビジネスなどのシーンを問わず常に身につけられる形状として、究極のシンプルさを追求し、一切無駄がない洗練されたフォルムに仕上がっています。ボディには、航空機用のアルミニウムを採用しており、軽量ながら高い強度を実現したほか、防水・防塵(※2)仕様で、実用性にも優れています。

ボディ内部には6軸センサーを搭載しており、「歩く」・「走る」・「自転車に乗る」・「階段の昇り/降り」などの動きや、睡眠の深浅を繊細に自動判別できるほか、消費カロリーや歩数、睡眠時間などが計測でき、日常生活を細やかに記録します。さらに、記録されたデータを読み込む健康管理アプリには、android OSとiOSどちらにも対応しているファーウェイ独自の‘Huawei Wear’だけでなく、この度、米国ジョウボーン(Jawbone®)との提携により、同社が提供する‘UP Smart Coach’も利用できるようになりました。‘UP Smart Coach’は、データ分析をもとに、ユーザーの目標達成に向けたアドバイスを提供するほか、実用的なインサイトの提供や、新たな目標を提案し、より健康的なライフスタイルに導きます。

また、もうひとつの特徴であるヘッドセット機能は、高性能スピーカーとノイズキャンセルシステムにより、さらにクリアな音声で通話できるよう進化しました。本体カラー、ホワイトとブラックのリストバンドには、耐久性に優れたTPU材質を採用しているほか、ゴールドは、ビジネスシーンでも使いやすい高級感のあるレザーバンドを使用しており、異なる3色から、ライフスタイルにあったカラーをお選び頂けます。

『TalkBand B2』の主な仕様

http://consumer.huawei.com/jp/wearables/features/tbb2-jp.htm

 

※1.ファーウェイ自社調べ(2015年5月現在)

※2. IP57は、この製品が所定の動作および安定性を阻害する塵やほこりの浸入から保護されていることを示し、 また水に浸したとしても(水深1mに30分間)性能が損なわれないことを示しています。