12 January, 2016

ファーウェイ、CES2016にて スマートフォン『HUAWEI Mate 8』を発表

ファーウェイ(中国語表記:華為、英語表記:HUAWEI)は本日、CES2016にて、消費電力、効率性、バッテリーを大幅に改善した生産性駆動型のスマートフォン『HUAWEI Mate 8』を世界へ発表しました。世界中の消費者需要を反映した最高のデバイスで、ユーザーのロイヤリティーを刺激し続けるファーウェイの新作『HUAWEI Mate 8』です。

最強のチップセット、大容量のバッテリー、新色モカブラウンを含むスタイリッシュなデザインの『HUAWEI Mate 8』は、現代の多忙な社会人にとって理想的なスマートフォンです。生産性から設計された『HUAWEI Mate 8』は、エレガントで効率的な操作を実感できるように、ハードウェアもソフトウェアも細微に渡り調整されています。

「新しいビジネススタイルのニーズに合ったデバイス、それが我々が世に送り出した『HUAWEI Mate 8』です。事実、完璧に設計されたスマートフォンでユーザーは業務を効率良くこなし、時間の節約を可能にします。そして空いた貴重な時間は、友人や家族と過ごしたり、自分の好きなことに費すことができるのです」と、ファーウェイ・コンシューマー・ビジネス・グループ 携帯電話部門社長ケヴィン・ホー氏は述べました。「『HUAWEI Mate 8』は、ハイエンドなスマートフォンです。性能の高さとバッテリー持ちの良さのバランスを完璧に保つことで、常に社会と繋がり、様々な日常シーンで生産性をより発揮できるのです。」

性能と効率を考えた設計

ハードウェアの新しいパイオニアとして、『HUAWEI Mate 8』はスマートフォンで初めてKirin 950を搭載しました。Kirin 950によりCPU処理能力は2倍にアップし、GPU描画能力は125%高まり、Kirin 925に比べ

電力効率は70%向上しています。省電力と高性能のバランスを保つよう設計されたデバイスには、ARM Coretex-A72コア(2.3GHz)が4コア、Coretex-A53コア(1.8GHz)が4コア搭載されています。

『HUAWEI Mate 8』は業界一の長時間バッテリー駆動を誇ります。搭載された4,000mAhの大容量バッテリーが、標準的な使い方で2日以上の駆動を可能にしました。また急速充電技術により、1日分の電力を30分で充電することを実現しました。標準的な使い方で2.36日、頻繁に使用する場合でも1.65日を一度のフル充電でカバーします。また効率よく熱を逃がす『HUAWEI Mate 8』の6層の放熱構造が、使い心地の良さだけではなく、消費電力を抑えています。

生産性を考えた設計

Android Marshmallow 6.0上でファーウェイのEMUI 4.0を作動させることにより、システムパフォーマンスを常に最適に保つ自動デフラグサービスのように、『HUAWEI Mate 8』は多くのユーザーエクスペリエンスの調整・改善を可能にします。さらに、『HUAWEI Mate 8』のスプリットスクリーンモードは、複数アプリの同時作業を可能にします。

スマートで安全

『HUAWEI Mate 8』は拡張保護技術を用いた次世代の指紋認証システムを導入しています。丸い指紋認証センサーで、認証効率が10%向上しました。さらに、指紋の摩擦隆線認証では3段階のチェックを行うため、セキュリティーレベルも向上しています。新しいセンサーデザインにより、ロック解除にかかる時間は今までの半分になりました。

FIDOとAndroid Mの規格に沿う2つの指紋認証インターフェースを標準装備する『HUAWEI Mate 8』は、スマートフォンでの支払いを簡単にします。強力なCPUで蓄積データをリアルタイムで暗号化し、データをより安全に保護します。『HUAWEI Mate 8』はmicroSDカードのロックが可能です。microSDカードにアクセスするためにはパスワードの入力が必要なため、万一スマートフォンが盗まれてもユーザーデータを引き出すことはできません。

驚きの画像撮影

3年以上に渡りファーウェイは、フォーカスの速さ、鮮明さ、正確な彩色を追求し、今までにないイメージセンサープロセッサーの独自開発のために9,800万ドルの投資を行いました。カメラのプロセススピードを速くするための優秀な研究チームをフランスで結成した結果、14ビットの正確さでプロセス帯域を4倍まで引き上げることに成功しました。

さらに、『HUAWEI Mate 8』は全く新しいソニーIMX298(1,600万画素)を搭載することで、センサーサイズが23%向上し、息を飲むほどの美しい映像の撮影が可能になりました。『HUAWEI Mate 8』は、新たにビューティーモード(アルゴリズム)を採用し、800万画素のインカメラでパーフェクトセルフィー撮影を可能にします。

効率的な会議

スーパーハンズフリー3.0を採用した『HUAWEI Mate 8』は、あらゆる状況でのハンズフリー操作が可能です。車内、会議室、また賑やかなパーティー会場でも、3メートル先まではっきりとした会話を楽しむことができます。120度の範囲の音を拾い、一方向ノイズ削減機能も搭載されているので、どこからの会議でも、今までにないクリアな音声で会話をすることが可能です。

『HUAWEI Mate 8』には、全方向録音機能と一定方向音声再生機能が搭載されています。3つのマイクで自動的に音源を検知し、全方向の音声を録音します。そして聴きたい音源方向を選択し、再生することができます。さらに、『HUAWEI Mate 8』は、搭載されたドキュメント調整カメラモードで、別アングルから撮った書類等の写真を自動的に方向補正します。

世界と繋がる

デュアルSIM対応のどの携帯電話よりも、『HUAWEI Mate 8』は世界中の通信帯域をカバーしています。217の国や地域で、1,334社の通信事業社に接続できるよう、2Gは4バンド、3Gは9バンド、4Gは18バンドに対応し、海外出張の多いビジネスマンにとって最適なデバイスに仕上がっています。

美しい外観

洗練されたエレガントなデザインの『HUAWEI Mate 8』は、6インチの美しい高コントラスト液晶が特長です。業界一の画面占有率83%で、大画面を犠牲にすることなく滑らかでコンパクトなスマートフォンを実現しています。2.5Dの曲線ダイアモンドカットガラスと航空機でも使われるアルミニウムをシームレスに結合することで、デザインの美しさと実用性を同時に表現しています。

『HUAWEI Mate 8』の一次販売対象国は、スペイン、ドイツ、フランス、アラブ首長国連邦、メキシコ、オーストラリアを含む30ヵ国で、価格は599ユーロ(RAM3GB/ROM 32GB)と699ユーロ(RAM 4GB/ROM64GB)、カラーはシャンパンゴールド、ムーンライトシルバー、スペースグレー、モカブラウンのエレガントな4色が用意されています。

※本参考資料は2016年1月5日(現地時間)にアメリカ合衆国ラスベガスで発表されたプレスリリースの翻訳です。

『HUAWEI Mate 8』の主な仕様(英語)

http://consumer.huawei.com/minisite/worldwide/mate8/specifications.htm