24 March, 2016

リオネル・メッシ ファーウェイのブランドアンバサダーに就任

ファーウェイ(中国語表記:華為、英語表記:HUAWEI)は、FIFAバロンドールを過去5回受賞している、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ選手(以下、メッシ)をブランドアンバサダーとして迎えることを発表しました。今回メッシとタッグを組むことで、ファーウェイブランドが世界に与える影響力が強化され、ブランドの認知度が飛躍的に伸びることが期待されます。

メッシは会見の席で、「自分の夢を実現するためには、犠牲をいとわず、全力でより大きな目標に向けて一生懸命努力すべき。自分に全く進歩がないと感じたら、別の分野で努力し、成功を勝ち取るべきだ。」と語り、夢を追い続けるこの不屈の精神がファーウェイのブランド理念と見事に一致いたしました。

ファーウェイ・コンシューマー・ビジネス・グループ(CBG)プレジデントのケビン・ホーは、今回のメッシとの契約をブランドイメージ構築の新たな出発点と捉え、「メッシは弊社のブランドとともに、弊社が力を入れている欧州、アジア、南米などの人々に対して、目標に向かって努力し、困難を克服して素晴らしい成果を得ることの大切さを自身のプレーで示していくことでしょう。弊社とメッシのこれまでの歩みには、『夢を抱き、諦めない信念と努力で夢を実現し、素晴らしい成果を上げる』という共通点があります。私たちは、新たな挑戦のたびに最後まで諦めることなく、正しい方向を模索し、成功にあぐらをかくことなく、常に成功へ続く道を歩み続けます。」と語りました。

ファーウェイはグローバル企業として革新を続け、究極を追い求め、世界の消費者に対して限りない情熱を注ぎ続けています。メッシもサッカーだけでなく、ライフスタイルにおいても同様の理念を体現しており、サッカー選手になる夢を実現するため、祖国アルゼンチンから遠く離れた欧州に渡り、犠牲を払いながら、努力を続け、バルセロナで活躍しています。

ファーウェイ・コンシューマー・ビジネス・グループ(CBG)のチーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)のグローリー・チャンは、「ファーウェイは上を目指し、たゆまず努力をし続ける企業で、常に究極と完璧を追い求めています。勇気を持って前進し続ける精神は、ファーウェイがスポーツマーケティングに力を入れる理由です。このような精神面での高い結びつきにより、今回のメッシのグローバルブランドアンバサダー就任に至り、またメッシのスポーツマンシップにより、人々が困難を乗り越え、夢を実現できることを願います」と述べました。

ここ数年、ファーウェイは、アメリカFCやコロン・デ・サンタフェ、スポルティング・クリスタル、アーセナル、クルブ・アトレティコ・デ・マドリード、ACミランなど数多くのチーム及び選手に対してサポートをしています。

スポーツマーケティングを継続することで、ファーウェイは国内外の消費者にアプローチし、努力し続けるというブランドイメージの構築に力を入れ、ブランド知名度の急速な上昇に繋がっています。ブランドリサーチ機関IPSOS発表のデータによると、世界におけるファーウェイのブランド認知度は2012 年の25%から、2015年には76%にまで上昇しています。市場調査会社GFKは、ブランド認知度アップに伴う数値の増加が更に顕著であると報告しています。2015年弊社スマートフォンの欧州ミドル・ハイエンド市場におけるシェアが大幅に増え、特にスペイン、イタリア、ベルギー、スイス、ポルトガルなど、多くの国や地域でのシェアがトップ3位に入りました。また南米、東北欧、中東、アフリカなどにおいてもスマートフォンの売上が突出し、出荷台数が1000万台を突破した地域もあります。

2015年、ファーウェイ・コンシューマー・ビジネス・グループ(CBG)の売上は前年同期比で約70%も伸長し、わずか1年で売上200億ドルの目標を突破しました。2016年も継続して成長しており、2016年2月中旬までで『Mate 8』単品の出荷台数が約300万台に達しています。世界で注目されるスポーツチームのスポンサーになることで、欧米における販売台数が大幅に増え、高いブランド評価や名声を頂きました。このたび、サッカー界のカリスマであるメッシと契約を締結したことで、ファーウェイブランドは世界において、より高い位置に達することになるでしょう。

※本参考資料は2016年3月17日(現地時間)にスペイン、バルセロナで発表されたプレスリリースの翻訳です。