Global
Global ( EN )
Africa
Algeria ( French )
Angola ( Português )
Botswana ( EN )
Congo ( FR )
Egypt ( EN )
Egypt ( العربية )
Ethiopia ( EN )
Ghana ( EN )
Jordan ( EN )
Kenya ( EN )
Mauritius ( EN )
Morocco ( FR )
Namibia ( EN )
Nigeria ( EN )
South Africa ( EN )
Tanzania ( EN )
Tunisia ( FR )
Uganda ( EN )
Zambia ( EN )
Asia Pacific
Australia ( EN )
Azerbaijan ( Azərbaycan )
Bangladesh ( EN )
Cambodia ( EN )
China ( 简体中文 )
Hong Kong, China ( 繁體中文 )
India ( EN )
Indonesia ( Indonesian )
Japan ( 日本語 )
Kazakhstan ( Pусский )
Laos ( ລາວ )
Malaysia ( EN )
Myanmar ( ျမန္မာ )
Nepal ( EN )
New Zealand ( EN )
Philippines ( EN )
Singapore ( EN )
South Korea ( 한국어 )
Sri Lanka ( EN )
Taiwan, China ( 繁體中文 )
Thailand ( ภาษาไทย )
Turkey ( Türk )
Uzbekistan ( Pусский )
Vietnam ( Tiếng Việt )
Europe
Austria ( DE )
Belarus ( Pусский )
Belgium ( Dutch )
Belgium ( French )
Bulgaria ( Български )
Czech ( čeština )
Croatia ( Hrvatski )
Denmark ( Dansk )
Estonia ( Eesti )
Estonia ( Pусский )
Finland ( Suomi )
France ( FR )
Germany ( DE )
Greece ( Ελληνικά )
Hungary ( magyar nyelv )
Italy ( IT )
Latvia ( Latvijas )
Latvia ( Pусский )
Lithuania ( Lietuvos )
Macedonia ( македонски )
Netherland ( Dutch )
Norway ( Norsk språk )
Poland ( Polski )
Portugal ( Português )
Romania ( Român )
Russia ( Pусский )
Serbia ( Cрпски jезик )
Slovakia ( Slovensky )
Spain ( Español )
Sweden ( Svenska )
Switzerland ( DE )
Switzerland ( EN )
Switzerland ( FR )
Switzerland ( IT )
Ukraine ( Український )
United Kingdom ( EN )
Latin America
Argentina ( Español )
Bolivia ( Español )
Brazil ( PT )
Chile ( Español )
Colombia ( Español )
Costa Rica ( Español )
Dominican Republic ( Español )
Ecuador ( Español )
Guatemala ( Español )
Jamaica ( EN )
Mexico ( Español )
Panama ( Español )
Paraguay ( Español )
Peru ( Español )
Uruguay ( Español )
Venezuela ( Español )
Middle East
Kuwait ( EN )
Kuwait ( العربية )
Pakistan ( EN )
Saudi Arabia ( العربية )
Saudi Arabia ( EN )
UAE ( EN )
UAE ( العربية )
UAE ( فارسی )
North America
Canada ( EN )
United States ( EN )

Remember my choice for next time?

『HUAWEI P9』の絶大な人気がファーウェイの大幅な成長に貢献

『HUAWEI P9』の絶大な人気がファーウェイの大幅な成長に貢献

2016-06-29

hot press

華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)が6月17日に発売した『HUAWEI P9』、『HUAWEI P9 lite』が、日本における当社のそれまでのスマートフォンの販売状況を大幅に上まわる好調な販売を記録しています。発売後1週間の販売台数で見ると『HUAWEI P9』はハイエンドモデルで人気のあった当社の『Ascend Mate7』に比べ約140%増、『HUAWEI P9 lite』は前モデルの『HUAWEI P8lite』に比べ、約200%の販売増となっております。特に『HUAWEI P9』は、ライカ社と共同開発したダブルレンズを搭載し、モノクロセンサーとRGBセンサーの2つを合わせて使うことで、鮮明でくっきりとキレイな写真が撮れる点や、撮った写真を自在にぼかすことができるワイドアパーチャ機能、ライカモノクロモードなどのカメラ機能をご好評いただき、ハイエンドモデルにもかかわらず、それまでにない好調な販売となっております。


hot press

また、ファーウェイ・コンシューマー・ビジネス・グループは、世界の市場でも、『HUAWEI P9』が4月6日のロンドンでの発表以来、前例にない売上を達成したことを発表しました。発売後6週間以内で260万台以上を出荷、特に中国、フランス、フィンランド、イギリスで突出した売上を記録しました。発売直後に人気沸騰となった『HUAWEI P9』 は、世界市場で前モデル『HUAWEI P8』の約130%増の売上となりました。これらの実績はファーウェイ社の世界市場でのシェアを8.5%へ押し上げ、スマートフォン市場でトップ3の位置を確実にしました。ファーウェイは2016年の第一四半期で前年比64%増の2830万台を出荷し、各国市場でもめざましい業績を遂げました。


■『HUAWEI P9』の強い販売実績


hot press

世界的に絶大な支持を得て販売前受注数、販売数ともに好成績をあげ、中国ではロンドンでの世界的発表後一週間以内に500万台を超えるオンライン受注を記録しました。


■『HUAWEI P8』との実績対比


hot press

中国を除く世界市場で『HUAWEI P9』 は『HUAWEI P8』に比べ約130%増、フランスでは1000 %以上、 ポーランドとフィンランドで400%以上、イギリスでは300%以上の売上増となりました。


■世界市場での人気上昇


hot press

ロンドンでの発表以来、各国での幅広いプロモーション活動で『HUAWEI P9』 の人気は伸び続けました。エジプト、カイロで開催されたファッション・フェスティバルでは、セレブやモデルの『HUAWEI P9』によるステージでのセルフィーを始め、ファーウェイのブランディングの露出効果によりメディアに大きく取り上げられました。香港では著名な写真家ウォーター・プーン氏とベテラン俳優のサイモン・ヤム氏の協力による『HUAWEI P9』の写真ギャラリーが街の中心地にあるバス待合所で展示され、より幅広い層へのアピールとなりました。ドイツではHardware Luxxの”Technology Award”、Allround-PCの”Recommendation Award”など栄えある賞を受賞しました。


hot press

「ファーウェイは完璧なデザインと先端テクノロジーへの飽くなき探求を体現するプレミアムなモデルづくりに専念しています」とファーウェイ・コンシューマー・ビジネス・グループCEOのリチャード・ユー氏は語りました。「ファーウェイのフラッグシップモデル『HUAWEI P9』 を我先に手に入れようと世界の消費者が列をなしたのは、わが社の最新機種を求めるファンがこれまで以上に増え、ファーウェイのスマートフォンが世界水準の魅力をもつ証拠です」


『HUAWEI P9』


hot press

ライカと共同開発したダブルレンズのカメラを搭載することで『HUAWEI P9』 は、優れた色の再現性のあるスタイリッシュなスマートフォンとなりました。従来のスマートフォンの撮影テクロノジーと一線を画すダブルレンズで、鮮明なカラーもドラマチックなモノクロ画像も撮影することが可能です。


『HUAWEI P9 lite』


hot press

エレガントなデザイン&スリムボディの『HUAWEI P9 lite』は、最新オクタコアチップセットと3000mAhの大容量バッテリーでパワーとスタミナを同時に実現しました。さらに、指紋センサー2.0も搭載し、高性能で高画質なカメラに多彩な撮影モードを搭載するなど、圧倒的なコストパフォーマンスを実現しました。