16 June, 2017

ファーウェイSIMロックフリースマートフォン『HUAWEI P10/P10 Plus』が 世界を代表する写真・映像製品の賞として知られるTIPAアワードを受賞!

華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)が発売するSIMロックフリースマートフォン『HUAWEI P10』及び『HUAWEI P10 Plus』が、TIPA(Technical Image Press Association)が発表するTIPAアワード「Best Photo Smartphone」賞を受賞しました。本日16日に東京都内で授賞式が行われました。

『HUAWEI P10』シリーズは、既に世界中で1,200万台以上を販売しヒットしたハイエンドモデル『HUAWEI P9』シリーズの新型機種として、フロント・リアカメラに計3つのLeicaレンズを搭載した世界初のスマートフォンです。『HUAWEI P10/P10 Plus』に関して、TIPAは2017年の最高の写真と画像製品の1つであると評価しました。800万画素の LeicaレンズフロントカメラはLeica調のポートレートセルフィーを撮影可能。背面のダブルレンズには2000万画素のモノクロセンサーと1200万画素のRGBセンサーを採用し、画素数の向上と共に、これまで以上に細やかなディテールの描写と広い色階調を再現。精確で立体的な3D顔面認識、ダイナミックでプロフェッショナルな照明効果、ナチュラルな美肌補正により、フォトスタジオで撮ったかのような、美しいLeicaスタイルのポートレートの撮影を実現しています。モノクロモードにも対応し、2000万画素の強力なモノクロセンサーがディテールをよく捉え、より深みのある作品を創出します。

TIPAアワードは、厳しいテストと評価を経て、高品質のカメラ、レンズ、付属品など映像機器を選出することで広く知られており、今年の選考委員はアジア、オーストラリア、ヨーロッパ、北米、南米など27の地域からの専門誌、アマチュア向け雑誌、ビジネス誌の編集者と、日本のカメラ記者クラブの代表者により構成されています。多くのカメラ専門家やカメラマニアはカメラ、レンズ、アクセサリーを購入する際、TIPAアワードの有無を基準の一つにしています。

ファーウェイ・ビジネス・コンシューマー・グループのCEOリチャード・ユーは、「『HUAWEI P10/P10 Plus』の写真機能は、業界の専門家によって非常に高く評価されています。この賞を受賞できたことについて、非常に感謝しております。我々には、スマートフォンの写真を新たな高さに引き上げているという情熱と信念があります。この賞は、私たちが達成しようとしていることに近づいている証であり、引き続き努力していきます。」と述べました。

TIPAのトーマス・ガーワーズ会長は、「P10とP10 Plusは技術委員会とTIPAのメンバーにその革新的な機能とデザインを印象づけた。鮮明なイメージを提供し、Leicaの高速レンズとツインセンサーの連携により、P10とP10 Plusはスマートフォンの写真品質を向上させる画期的な製品となっている。」と評価しました。

『HUAWEI P10/P10 Plus』に関して、TIPAによる総評は以下の通りです:

「HUAWEIの最新フラグシップであるP10と姉妹機P10 Plusは5.10型(1920X1080ドット)あるいは5.50型(2560X1440ドット)の高解像度ディスプレイを搭載している。この高速スマートフォンP10は8コアのHiSilicon Kirin 960プロセッサーで駆動され、4GBのRAMと32/64GBの記憶媒体を内蔵していて、P10 Plusは4/6GBのRAMと32/64GBの記憶媒体を内蔵している。P10はHUAWEIをハイエンドのスマートフォンメーカーに押し上げたP9の商業的成功の上に開発された。この成功の一端には有名なライカとの光学での共同開発が寄与している。HUAWEI P10 Plus Leica Dual Camera 2.0 Pro Editionは2個のズミルックスH F1.8レンズ、ベーシックモデルのP10はズマリットF2.2レンズを装備している。両方とも12メガピクセルのカラーと20メガピクセルのモノクロセンサーを搭載している。両方のセンサーのデータを合成することで自然光でもきわめてシャープで画質の良い画像を得ることができる。」(出典:TIPAオフィシャルサイトより)

■詳細についてはこちら:TIPAオフィシャルサイト

http://www.tipa.com/awards-jp-new/huawei-p10-p10-plus