2016/05/31

au史上最速の受信最大370 Mbps (※1,2)対応 WiMAX 2+ / 4G LTE (800 MHz) ※1対応モバイルWi-Fiルーター 『Speed Wi-Fi NEXT W03』 6月4日 (土) より発売

華為技術日本株式会社 (以下、ファーウェイ・ジャパン) は、KDDI株式会社 (以下、KDDI) と沖縄セルラー電話株式会社 (以下、沖縄セルラー) 向けに開発した、WiMAX 2+ / 4G LTE (※1) に対応するモバイルWi-Fiルーター『Speed Wi-Fi NEXT W03』を6月4日 (土) より発売いたします。 

『Speed Wi-Fi NEXT W03』

受信最大370 Mbps (※1※2) 対応

 ・受信最大370 Mbpsの超高速データ通信が可能な「WiMAX 2+ キャリアアグリゲーション」、人口カバー率99% (プラチナバンド 800 MHz) (注1) の「4G LTE」に対応したハイブリッドモデル。

 ・パフォーマンスを最大限に発揮するため、Wi-Fi規格IEEE802.11acに対応。

 ・グローバルパスポート (LTE / UMTS) にも対応し、海外でもLTEによる高速通信を楽しめる。

日本全国でWiMAX 2+通信、エリアが充実

・日本全国でエリア展開されたWiMAX 2+のキャリアアグリゲーションで、どこでも受信最大220 Mbpsの高速通信ができサクサク快適。

簡単便利な使い心地

・NFC対応端末であれば、SSIDやパスワードの入力はせずワンタッチで接続が完了 (※3)。

・スマートフォンにダウンロードした専用アプリから、ワンタッチでスリープ復帰できる「リモートウェイクアップ機能」※4を搭載。鞄の中に入ったルーターをわざわざ出して電源を押下する手間が不要に。

・専用アプリから、ネットワークの状態や接続端末、通信容量、バッテリー状態の確認が出来るほか、通信モード変更や電源オフなど、各種設定変更が可能。

・利用用途に合わせてパフォーマンスを設定できる「ハイパフォーマンス」と「エコモード」を搭載。

・設定した時間内に通信が無い場合は自動で電源がオフになり、バッテリーをセーブ。

  

※1 東京都渋谷駅周辺エリアから開始し、順次、大阪府梅田駅周辺、愛知県名古屋駅周辺、山手線主要駅周辺などへ拡大予定。なお駅構内はご利用いただけない場合があります。

※2 ハイスピードプラスエリアモード (有料) ご利用時です。

※3 NFC搭載のAndroid™ 4.4以降のスマートフォンおよび一部の機種によってはHUAWEI HiLink アプリが必要となります。NFCタッチした際に自動的にアプリのダウンロードURLが表示されますので、アプリをダウンロードして下さい。ダウンロードURLが表示されない場合は、[QRコード表示]メニューからアプリをダウンロードして下さい。

『Speed Wi-Fi NEXT W03』製品ページ

http://consumer.huawei.com/jp/mobile-broadband/hwd34/