防水

適用製品: Wearable
防水

IPXXとは、液体および固体粒子に対する、製品の保護レベルの標準指標です。IPの後に2つの数字が続きます。最初の数値は、固体粒子に対する重要なコンポーネントの保護レベルを0 ~ 6の範囲で表し、6が最高の保護レベルです。2番目の数値は、液体に対する保護レベルを0 ~ 8の範囲で表し、8が最高の保護レベルです。

防水性または防塵性があるということは、水や埃が内部に入り込んでコンポーネントやメインボードが損傷してしまうのを防ぐことができるということを意味します。

次のテストシナリオでは、通常時の温度範囲が15°C ~ 35°C、相対湿度の範囲が25% ~ 75%、気圧の範囲が86kPa ~ 106kPaを想定しています(標準気圧は101.325kPa)。

防水・防塵レベルの定義

防水・防塵レベル

防水・防塵のシナリオ

5ATMは、国際標準化機構(ISO)によって定義された防水規格(ISO22810)です。これは、ウォッチが10分間、常温で50mの静水圧によるシミュレーションに耐えられることを示しており、ウォッチが深さ50mの水中で防水性があることを意味するものではありません。防水レベルが5ATMのデバイスは、水泳中でも耐水性があります。水泳や日常生活における水に関するその他の活動に参加する場合は、このタイプのデバイスを着用できます。

防塵レベル:デバイスがIEC 60529-2013規格(レベル6)に準拠している場合、内部に埃が入らないことを意味します。

ISO規格22810:2010の5ATM規格の防水性に準拠したデバイスは、50mの耐水評価を備えています。

スイミングプールやビーチなど、浅い水域で使用できます。

シュノーケリングなど深い水域での活動、シャワー、温泉、サウナ、またはスチームルームでの活動への参加、ダイビング、水上スキー、または高圧で流れの速い水中でのアクティビティなどには適していません。

このようなデバイスは、リビングルーム、オフィス、研究所、ワークショップ、保管室などの環境で防塵性があります。特に埃の多い環境には適していません。

IP68:この規格を満たすデバイスは、埃、汚れ、砂に耐性があり、深さ1.5mまでの水中に、常温の正常気圧で30分間浸すことができます。

このようなデバイスは、IEC 60529-2013規格に基づくIP68規格の防水・防塵レベルに準拠しています。

このようなデバイスは、リビングルーム、オフィス、研究所、ワークショップ、保管室などの環境で防塵性があります。特に埃の多い環境には適していません。

水がかかる程度の状況には耐性があります。ただし、ウェアラブルデバイスを水に浸さないでください。このデバイスは汗に強いため、運動中、手を洗うとき、または雨の日の外出時に着用できます。

シャワー、水泳、水中ダイビング、水上スキー、または高圧で流れの速い水中におけるその他のアクティビティには適していません。

IP67:この規格を満たすデバイスは、埃、汚れ、砂に耐性があり、深さ1mまでの水中に、常温の正常気圧で30分間浸すことができます。

このようなデバイスは、IEC 60529-2013規格に基づくIP67規格の防水・防塵レベルに準拠しています。

このようなデバイスは、リビングルーム、オフィス、研究所、ワークショップ、保管室などの環境で防塵性があります。特に埃の多い環境には適していません。

水がかかる程度の状況には耐性があります。ただし、ウェアラブルデバイスを水に浸さないでください。このデバイスは汗に強いため、運動中、手を洗うとき、または雨の日の外出時に着用できます。

シャワー、水泳、水中ダイビング、水上スキー、または高圧で流れの速い水中におけるその他のアクティビティには適していません。

IP55:この規格を満たすデバイスは、埃に完全に耐性があるわけではありませんが、接触した埃が通常の動作に影響を与えたり、安全上の問題を引き起こしたりすることはありません。このようなデバイスは、あらゆる方向からデバイスの表面に12.5L/分のウォータージェットを当てる3分間のテストに耐性があります。

このようなデバイスは、IEC 60529-2013規格に基づくIP55規格の防水・防塵レベルに準拠しています。

このようなデバイスは、リビングルーム、オフィス、研究所、ワークショップ、保管室などの環境で防塵性があります。特に埃の多い環境には適していません。

水がかかる程度の状況には耐性があります。ただし、ウェアラブルデバイスを水に浸さないでください。雨の日の外出時や手を洗うときには着用できます。

シャワー、水泳、水中ダイビング、水上スキー、または高圧で流れの速い水中におけるその他のアクティビティには適していません。

防塵性と防水性は永久に有効なわけではなく、時間の経過とともに低下する可能性があります。ウェアラブルデバイスの防水性は、次のようなシナリオによる影響を受ける可能性がありますので、このようなシナリオを回避する必要があります。

  • デバイスを高所から落としたり、他の力による衝撃を受けたりした場合。
  • デバイスがシャワーや入浴中に石鹸や石鹸水などのアルカリ性物質にさらされた場合。
  • デバイスが香水、溶剤、洗剤、酸性物質、殺虫剤、乳濁液、日焼け止め、保湿剤、または染毛剤にさらされた場合。
  • デバイスが水上スキーなど、流れの速い水中でのアクティビティで使用された場合。
  • デバイスがサウナやスチームルームなどの高湿度の環境で使用された場合。
  • 水中でデバイスのボタンを押した、または他の操作が行われた場合。
  • デバイスが濡れた状態で充電された場合。

防水機能と防塵機能は、ウォッチ本体にのみ備わっています。ストラップ、充電ベース、ベースなどの他のコンポーネントには、防水性または防塵性はありません。

Huaweiの公式ウェブサイトの製品マニュアルまたは製品に付属のクイックスタートガイドに記載された内容に従ってください。不適切な使用による破損に対しては、無償保証サービスは提供されません。

役に立っていますか?
ご意見ありがとうございます